Hokkaido CLOVERS EYE

LOGIN

他のサービスのアカウントを使って
Hokkaido CLOVERS EYEにログインできます。

  • Facebookアカウントでログイン
  • Twitterアカウントでログイン
  • Yahoo!JAPANアカウントでログイン

新規登録

他のサービスのアカウントを使って
Hokkaido CLOVERS EYEに新規登録ができます。

  • Facebookアカウントでログイン
  • Twitterアカウントでログイン
  • Yahoo!JAPANアカウントでログイン

REVIEW IMAGE

hatena0

0

北海道
2016.02.03

広大な北海道を車窓から楽しめるオススメの観光列車

旅行は好きですか?

観光列車に乗ったことはありますか?

単位:人

北海道を観光してみたいと思いますか?

男性
女性

0 25 50 75 100 単位%

旅行に行くなら何を重視しますか?

単位:人

食べ物

風景

文化

建築物

お店

年間どのくらいの頻度で旅行に行くのかを教えてください。

1~3回 とくになし 4~6回 その他 7~9回
10回以上

このアンケート結果、どう思う?※会員は投票すると5CPゲット!

納得!
ビックリ!!
0
う~む?
0

広大な北海道を車窓から楽しめるオススメの観光列車

■ゆったりとした時間を過ごすなら『ノロッコ号』がおすすめ
釧路湿原の名物と言えば「ノロッコ号」です。ゆっくりという意味を持った「ノロい」に、トロッコを組み合わせてノロッコという名前が付いたこちらの列車は、文字通りゆっくりと走る列車です。そのため、外の風景をじっくり眺めながら観光を楽しむ事ができます。
ノロッコ号の見どころポイントは全部で6つあり、ポイントを通過する際は減速をしてくれるため、シャッターチャンスもばっちりです。
広大に広がる湿原と、その遠くには堂々たる阿寒富士。
美しい草花や野性の動物にも出会えるスポットもあり、大人から子どもまで自然を満喫できる観光プランと言えるでしょう。
特に春から初夏、秋が見どころとなるため、ゴールデンウィークやシルバーウィークなどの大型連休時がおすすめです。
ちなみに、ノロッコ号は釧路だけでなく、ラベンダー畑で有名な富良野でも運行しており、美しい自然とラベンダーを眺めることができます。

 

■雪景色を満喫するなら『流氷ノロッコ』『SL冬の湿原』がおすすめ
上記でご紹介したノロッコは冬の間は運行していないのですが、冬には冬ならではのノロッコや列車が運行されます。
中でも、「流氷ノロッコ」と「SL冬の湿原」はオススメです。
流氷ノロッコの内部には石炭のだるまストーブが配置されており、ぬくもり溢れる空間で流氷に埋め尽くされたオホーツク海を見ることができます。
列車好きなら一度は憧れるSL。
真っ白に包まれた銀世界の中を真黒なボディのSLが駆け抜けます。
内装は茶色がベースのレトロな雰囲気で、一昔前の時代にタイムスリップしたような気分を味わえます。
もちろんそこから見える一面白銀の世界は美しくも圧巻で、デートや観光にもピッタリですよ。

 

■北海道なら『根室線』や『石勝線』にも注目
日本の三大車窓をご存知ですか?そのうちの一つが北海道の根室本線です。
正確に言えば「旧根室本線」から見える「狩勝峠」が日本三大車窓と言われおり、現在は残念ながら眺めることができませんが、新根室本線からは緑と水の調和が美しい「厚岸湖」を望むことができます。
石勝線には特急列車である「スーパーおおぞら」が運行しており、ここから狩勝峠の風景を望むことができます。どうしても狩勝峠の景色を見たいという方はこちらをチェックしましょう。
また、途中で旧線跡を眺めることもでき、根室線の歴史を感じさせてくれます。
もちろん狩勝峠だけでなく、赤レンガの発電所や広大な牧場とその牛たち、切り立った荘厳な崖なども目にすることができます。

 

【引用元】
道東周遊紀行-JR北海道
https://www.jrhokkaido.co.jp/travel/doutou_sum2015/train.html
https://www.jrhokkaido.co.jp/travel/furano_sum2015/train.html#link_noroko
JR北海道旅客鉄道株式会社
https://www.jrhokkaido.co.jp/train/tr026_01.html
http://www.jrkushiro.jp/conressya/slc11.htm
http://www.jrkushiro.jp/movie.html
ぐうたび北海道
http://www.gutabi.jp/pickup/detail/824

 

ライター:西野結衣

REVIEW & NEWS