Hokkaido CLOVERS EYE

LOGIN

他のサービスのアカウントを使って
Hokkaido CLOVERS EYEにログインできます。

  • Facebookアカウントでログイン
  • Twitterアカウントでログイン
  • Yahoo!JAPANアカウントでログイン

新規登録

他のサービスのアカウントを使って
Hokkaido CLOVERS EYEに新規登録ができます。

  • Facebookアカウントでログイン
  • Twitterアカウントでログイン
  • Yahoo!JAPANアカウントでログイン

REVIEW IMAGE

hatena0

0

北海道
2018.10.04

冬じゃなくても楽しめる! 秋もおすすめ北海道のスキー場

雪質が良いといわれ、多くのスキーヤーやスノーボーダーが集まる北海道のスキー場。
実は、スキーシーズン以外にもいろんな楽しみ方ができることをご存知でしたか?
これからの季節、家族やカップルで楽しめるスキー場をご紹介します。

 

 

 

 

■まさに絶景! 雲海を見に行こう

10年ほど前から、中高年層だけではなく若い世代にも登山ブームが広がっていますが、「本格的な山登りはちょっと……」という方におすすめしたいのが、オフシーズンのスキー場です。
なんといっても、山の上までリフトやゴンドラが通っているので、体力に自信のない方でも安心です。

そして山の魅力といえば、頂上から眺める景色。
その中でも、星野リゾートトマムの「雲海テラス」は感動すること間違いなし!


星野リゾートトマム(占冠村)
https://www.snowtomamu.jp/summer/

気象条件が合えば、標高1,088mの高さにあるデッキ(展望台)やカフェから雲海を見渡すことができます。朝日を浴びて輝く雲海はまさに絶景!
ゴンドラは早朝のみの運行なので早起きが必要ですが、素敵な思い出が作れるかもしれません。

「雲海テラス」は雲海が発生しやすい春から秋にかけての限定営業。2018年は10月15日(月)まで営業しています。

 

 

 

 

■子どもも楽しめるアウトドアが大人気!

いろいろなアクティビティを楽しみたいという方にもスキー場はおすすめです。
広大な土地を活かして、子どもから大人まで楽しめるプログラムが用意されています。


ニセコビレッジ(ニセコ町)
http://www.niseko-village.com/ja/green/index.html

パウダースノーが高い評価を受け、冬は世界中からスキーヤーなどが集まるニセコビレッジは、春から秋にかけては北海道の自然を体験できるアクティビティが盛りだくさん。

自然体験グラウンド「ピュア」では、ワイヤーで吊り下げられたレールを滑車で滑り降りるレールスライダーや10mの高さから飛び降りるフリーフォール、木々を結ぶ吊り橋やロープを渡るツリートレッキングが楽しめます。ほかにも、総延長1.4kmに及ぶ国内最大級のジップラインや謎解き宝探しといったアドベンチャー体験が可能です。

これらのアクティビティは10月8日(月・祝)まで営業しています。


キロロリゾート(赤井川村)
https://www.kiroro.co.jp/ja/

札幌近郊のスノーリゾートとして有名なキロロリゾートでも、雪がないシーズンはさまざまなアクティビティが用意されています。

“逆バンジー”に挑戦できるユーロバンジートランポリンや大きなエアードームの中に入って水の上で遊ぶユーロバブルといったユニークなアトラクションに加え、ノルウェー生まれの新スポーツ・バブルサッカーやバブルをかぶって押し合いをするバブルロワイヤルなど、なかなか体験できないアクティビティも。

大自然を満喫できるラフティングも体験できます。朝里岳パノラマゴンドラでは標高1,180mの山頂から雄大な景色を眺めることもでき、さまざまな楽しみ方ができるのが魅力です。

ラフティング、朝里岳パノラマゴンドラは2018年10月8日(月・祝)まで、その他のアクティビティは2018年10月14日(日)まで営業しています。


さっぽろばんけいスキー場(札幌市)
https://www.bankei.co.jp/summer/ski/

札幌の中心部から地下鉄とバスで1時間弱。さっぽろばんけいスキー場では、パークゴルフやテニス、釣り堀といった定番アクティビティのほか、マウンテンバイクやトレイルランニング、トレッキング、ノルディックウォーキングなど自然を堪能できるスポーツもできます。

最長120mのジップラインが6本、ツリートレッキングは10ステージもあるので、森の中で空中散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。札幌近郊の契約農家から仕入れた新鮮な朝採れ野菜の販売コーナーも見逃せません。

夏季営業期間は11月4日(日)までと、ほかのスキー場よりも長く営業しています。

 

 

 

 

■ヒグマ探しのドキドキツアーも!

北海道には本州とは異なる生態系があり、本州では見られない動物や植物が存在しています。
その1つが、日本国内に棲息する陸上動物としては最大といわれているヒグマです。


十勝サホロリゾート(新得町)
http://www.sahoro.co.jp/

十勝サホロリゾートのベア・マウンテンでは、ヒグマをわずか4cmの超至近距離で見られるヒグマ探検ツアーを行っています。

ベアウォッチングバスから園内を歩き回るヒグマを観察したり、高台にある遊歩道からヒグマの生活を眺めたり。通常の動物園とは違って自然に近い形で飼育されているので、普段は見られない姿を間近で見るという、ここでしか味わえない体験ができます。

10月21日(日)まで営業しているこのツアー。ぜひ、近くからヒグマの様子をチェックしてみてください。

 

 

 

スキー場はオールシーズン楽しめるリゾート地。
自然豊かで広大な土地を活かしたアクティビティは、大人も子どもも心から楽しめることでしょう。スキーやスノーボードが苦手な方は、冬以外の時期にスキー場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ライター名:中林智

REVIEW & NEWS

アンケートはこちらから

BACK

NEXT

END

~参加してポイントGET~

新規登録

about