Hokkaido CLOVERS EYE

LOGIN

他のサービスのアカウントを使って
Hokkaido CLOVERS EYEにログインできます。

  • Facebookアカウントでログイン
  • Twitterアカウントでログイン
  • Yahoo!JAPANアカウントでログイン

新規登録

他のサービスのアカウントを使って
Hokkaido CLOVERS EYEに新規登録ができます。

  • Facebookアカウントでログイン
  • Twitterアカウントでログイン
  • Yahoo!JAPANアカウントでログイン

REVIEW IMAGE

hatena0

0

レシピ
2016.12.20

種類も様々!世界各国のクリスマススイーツ

もうすぐクリスマス!どんなケーキを作るか、もう決まりましたか?
クリスマスケーキと言うと、毎年似たようなものになってしまいがちです。
そこで、今年はいつもとは一味違う世界のクリスマススイーツをご紹介いたします。
どれもお家で作れるようなものなので、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか!

■フランス ブッシュ・ド・ノエル

可愛らしい切り株の形に巻いた生地に、生クリームやココアパウダーで色付けされたクリームをふんだんに使ってデコレーションされています。
この切り株の形には、クリスマスに薪を集めて暖炉で燃やし、
森の豊かなイメージを家の中に呼ぼうという思いが込められているそうです。
フランスでは、このブッシュ・ド・ノエルにメレンゲで作ったきのこを飾り付けます。
お子さんと一緒に飾り付けを楽しみながらケーキを作ってみてはいかがでしょうか。

■ドイツ シュトーレン

こちらはケーキというよりも、パンのような見た目をしているドイツのクリスマススイーツです。
中にはドライフルーツやナッツなどが入っており、生地に含まれる水分も少ないため日持ちします。
元々シュトーレンは11月末頃に作り、クリスマスを迎えるまでの毎週日曜日に1切れずつ食べることが風習としてありました。
保存のきくシュトーレンは、日が経つごとに熟成するので、味が変化していくのを楽しめます。

■オーストリア クグロフ

オーストリアやスイス、フランスなどでも食べる習慣のあるクグロフは、日本でも焼き菓子として人気です。
しかし、オーストリアでは元々クリスマスなどのハレの日に食べるスイーツとして親しまれていました。
クグロフはそのままでも美味しいのですが、贅沢に生クリームやフルーツなどをトッピングして食べたり、
余った時も牛乳・卵に浸して焼けばフレンチトースト風に食べられたりと、最後まで美味しくいただけます。
素朴な味だからこそ、色んなアレンジがしやすいスイーツです。

たまには違ったクリスマススイーツを手作りして、家族を驚かせてみませんか?
また、バターや生クリームなど、スイーツに使用する乳製品もいつもとは違う、ちょっと贅沢なものにするだけでスイーツの味がグンと美味しくなります。
ぜひお試しください!

 

■参考サイトURL

世界各地のクリスマスケーキ
http://www.sekai-sweets.net/event/christmas_cake.html
アルティザン・テラ アルザス地方のお菓子クグロフ
http://www.laterre.com/artisan/regionals/201104.html

 

 

ライター名:竹本裕子

REVIEW & NEWS