Hokkaido CLOVERS EYE

LOGIN

他のサービスのアカウントを使って
Hokkaido CLOVERS EYEにログインできます。

  • Facebookアカウントでログイン
  • Twitterアカウントでログイン
  • Yahoo!JAPANアカウントでログイン

新規登録

他のサービスのアカウントを使って
Hokkaido CLOVERS EYEに新規登録ができます。

  • Facebookアカウントでログイン
  • Twitterアカウントでログイン
  • Yahoo!JAPANアカウントでログイン

REVIEW IMAGE

hatena0

0

子育て
2016.10.14

【世界の子育てシリーズvol.5】日本とフランスの幼稚園の違いとは?

フランスの幼稚園と日本の幼稚園には違いがあることを知っていますか?

単位:%

フランスの幼稚園は子どもだけではなく、保護者の負担も少ないことを知っていますか?

今回の記事を読んで、フランスの幼稚園について興味を持ちましたか?

単位:%

YES

NO

フランスの幼稚園について、今回の記事を読んで一番驚いたことは何ですか?

公立幼稚園は無料で保育が受けられる
待機児童問題は見られない
公立幼稚園からエスカレーター式に小学校へ上がることができる
昼寝の布団を用意する必要がない
幼稚園児でも通知票が出たり、落第してしまう可能性がある

0 25 50 75 100 %

フランスの幼稚園ではこの他にも様々なメリットとみられる部分があります。この中で気になるものを教えて下さい。

サインペンや絵の具、ノートなどの文具が全て用意されている(公立) 小学校に上がるための準備が早い サントル・ド・ロワジール(長期休暇などに預かり保育をしてくれる) カフェテリアでの給食

このアンケート結果、どう思う?※会員は投票すると5CPゲット!

納得!
ビックリ!!
0
う~む?
0

【世界の子育てシリーズvol.5】日本とフランスの幼稚園の違いとは?

フランスの幼稚園は日本とは違い、公立幼稚園だと保育料が無料となっています。
また、フランスではほとんどの子どもが3歳からは幼稚園に通うことができます。
他にも日本とフランスでは様々な違いがみられます。
今回は日本とフランスの幼稚園の違いについてご紹介します。

 

■フランスの幼稚園、日本とはどんなところが違う?

フランスの幼稚園には公立と私立があり、公立の場合は無料で保育を受けることができます。
公立と私立をあわせると、その数は小学校を超えるため、幼稚園に入園を希望している子どもはほとんど入ることができます。
また、公立幼稚園の中にはそのまま小学校へ上がることができる施設もあり、このような施設では小1問題(授業中に教室内をウロウロしたり廊下に出てしまうような行為)なども起こりにくくなっています。
公立幼稚園では年長・年中・年少と組分けされていて、年少だけがお昼寝の時間を設けられており、その際に使用する布団やシーツは全て幼稚園側が負担します。
しかし、年中にあがると通知票が出たり、場合によっては落第する可能性もあったりと、日本にはない制度もあります。
義務教育ではないものの、教育機関であるという認識が強いため、子どもにとって厳しい一面もあるようです。


■保護者の活動は?

幼稚園での保護者の活動にも違いがみられます。
保護者会は日本に比べると数は少なく、行事数も少ないと言われています。
また、フランスの幼稚園では、毎月行われる誕生日会で親が手作りケーキやジュースなどを持参してパーティーを盛り上げています。
親が参加する行事は土曜日に開催されることが多く、配慮も行き届いているようです。

このように、日本とフランスで幼稚園に様々な違いがみられました。
フランスでは社会全体で子どもを育てるという意識が強く、子育て支援も充実しています。
日本とはまた違った環境の教育を知るのも、参考になりおもしろいですね。

 

【引用元】
http://toyokeizai.net/articles/-/105094
フランスの幼稚園は、日本とはまったく違う を参考にしました。


ライター:岸本聡子

REVIEW & NEWS