Hokkaido CLOVERS EYE

LOGIN

他のサービスのアカウントを使って
Hokkaido CLOVERS EYEにログインできます。

  • Facebookアカウントでログイン
  • Twitterアカウントでログイン
  • Yahoo!JAPANアカウントでログイン

新規登録

他のサービスのアカウントを使って
Hokkaido CLOVERS EYEに新規登録ができます。

  • Facebookアカウントでログイン
  • Twitterアカウントでログイン
  • Yahoo!JAPANアカウントでログイン

REVIEW IMAGE

hatena0

0

子育て
2016.10.12

北海道の子育て政策シリーズvol.6旭川市の子育て政策

旭川市がどんな子育て政策をしているか知っていますか?

単位:%

NO

YES

旭川市の子育て政策に興味を持ちましたか?

札幌市の子育て政策は子育てサポートにつながっていると感じますか?

単位:%

今回紹介した旭川市子ども総合相談センターの中で利用したい、もしくは気になったものを教えて下さい。

発達支援相談
家庭児童相談
子どもホットライン
プレイルーム
地域活動支援スペース

0 25 50 75 100 %

旭川市ではこの他にも様々な取り組みを行っています。以下の中で気になる子育てに関する取り組みはありますか?

ひとり親家庭への支援

赤ちゃん訪問(保健師または助産師が自宅訪問し、赤ちゃんの体重測定や育児相談を行なう)

あさひかわこどもーる(旭川市内で子連れ歓迎の施設や店舗を探すことができるサイト)

このアンケート結果、どう思う?※会員は投票すると5CPゲット!

納得!
ビックリ!!
0
う~む?
0

北海道の子育て政策シリーズvol.6旭川市の子育て政策

旭川市の子育て政策では様々なものが取り組みとして行われていますが、今回はその中でも特に注目したい2つの取り組みについてご紹介します。


■旭川市子ども総合相談センター

旭川市の10条通り11丁目にある旭川市子ども総合相談センターは子どもの発達や子育てに関することから、学校生活での悩みなど、子どもに関わるどんな内容でも相談することができる施設で、電話やメールでの相談はもちろん、施設での相談支援も行っています。
例えば、子どもの発達が同い年の子に比べて遅い気がする…と感じた時は、心理士や保育士、作業療法士などの専門スタッフが子どもの発達についての相談を引き受ける「発達支援相談」で対応してくれます。また、相談だけではなく必要があれば検査なども行なうことが可能です。
さらに、教職経験者やスクールソーシャルワーカー、保健師などが子どものいじめや不登校などの相談を受けて助言や支援サポートを行う「家庭児童相談」、心理士や相談員が子どもの持っている悩みの相談に乗ることができる「子どもホットライン」など、保護者だけでなく子どもの相談支援機能も果たしています。
施設内にある無料の「プレイルーム」では、おもちゃなどで遊ぶことができる部屋があったり、子どもや子育てについて書かれている情報誌を読んだりできます。また、「地域活動支援スペース」では子育てのサークルやサロンの活動紹介、様々な作品が展示されています。

気軽に立ち寄って、抱えている悩みや不安を少しでも軽減させることができる施設です。


■アフタースクールあゆみ

アフタースクールあゆみは、旭川あゆみ幼稚園の施設を利用して、放課後または長期休暇中に学童保育を行っています。
小学校1年生から6年生まで利用することができ、宿題や家庭学習といった勉強、屋内外を利用して自由に交流し遊ぶことなどもできます。
また、書道教室を開いたり、旭川雪の村で雪遊びを楽しむなど、小さい子どもから大きい子どもまで一緒になってその季節ならではの遊びや日本の伝統行事の体験ができる場となっています。
こちらは、教員免許や保育士免許を持った方が指導に当たるので保護者の方も安心なのではないでしょうか。

 

【引用元】

http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/kurashi/218/241/250/d055578.html
旭川市 旭川市子ども総合相談センターを参考にしました。

http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/kurashi/218/241/247/ayumi.html
旭川市 アフタースクールあゆみを参考にしました。

http://www.freewebs.com/ayumiyo5/after.htm
あゆみ幼稚園子育て支援センター 【放課後子どもクラブ(学童保育)】を参考にしました。


ライター:岸本聡子

REVIEW & NEWS